免許取得で広がる職域

女の子

牽引車を運転するには

牽引車を運転するには牽引免許が必要となります。普通・大型特殊自動車の取得後に牽引免許が取得可能となりますが、牽引免許取得には条件が設定されています。年齢は21歳以上で普通免許・大型特殊免許取得から3年以上経過していること、21歳以上の年齢でもこれらの免許取得から3年経過していない状況であれば資格は与えられません。また、取得後に免停を受けていれば、免停期間が除外されます。視力は両眼0.8以上、片眼0.5以上で、矯正視力でも条件を満たしていれば資格は与えられます。聴力も条件に含まれ、10メートルの距離で90デシベルの警告音が聞こえること(補聴器装着可)です。身体障害者でないことも条件です。運転免許としてはそれほど難しくはないですが、これらが最低条件となるため、クリアしていないといけません。交通法規は普通免許取得者であれば習得しているため、筆記試験は免除となります。教習所に通うことでぼぼ確実に取得可能な資格です。教習所では連結トレーラーの荷台のみで荷物を載せずに教習が進み、路上教習が無いため、取得後に実際の運転とは大きく異なるため、実戦で慣れてゆかなければいけないため、高度な運転テクニックを習得するまでに時間が掛かることがあります。大型車にトレーラーを連結して重量物を搬送する場合、搬送品の幅や高さ、総全長を計算してハンドル操作をする必要があり、実際に仕事に就くと教習所の決まったコースでの運転が極めて簡単であったと思う運転手が多いと言われます。牽引免許を取得することは収入にも反映します。万が一の事故で大惨事となる可能性があり、免許責任を問われるので、慎重に安全運転を心がけることが必要となります。